美甘麗茶(びかんれいちゃ)の原料『甘茶』の驚きの効果は?

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の原料『甘茶』って?

34e7053d7d5dfb7027560a1047e5ded2_s
アマチャは、日本の中部山地にまれに自生するユキノシタ科の落葉性の低木で、葉を生薬として用います。現在、市場品は栽培品のみで、主に長野県で栽培されています。甘茶として使用するのは葉の部分です。ですが葉の部分はもともと甘いわけではなく、乾燥するとその甘味成分が醸成されて甘味が出るのです。
甘茶は“フィロズルチン”“イソフィロズルチン”という甘味成分を含んでい、この甘味成分はなんと砂糖の400倍!甘茶の甘味は天然の甘味料として昔から重宝されてきました。甘味もお砂糖のようなクドっとした甘さではなく、自然な甘味です。しかもこれだけの甘味成分を含んでいるのにノンカロリーで、抽出されるエキスには体の内側から美容を促す成分が含まれています♪
しかも甘茶は、カフェインタンニンを含んでいないため、小さなお子さんからお年寄りまでみんながのめる優しいお茶なんです!
そして甘茶は抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、利胆作用が報告されています。民間療法では、糖尿病患者の甘味代用や、胃弱・食欲不振・利尿・口臭除去に茶剤として利用されています。

甘茶の効能

抗アレルギー作用

甘茶に含まれている“甘茶メタノールエキス”歯周病口臭予防(抗菌作用)・アンチエイジング効果(抗酸化作用)・アトピーや花粉症の改善(抗アレルギー作用)に効果があります。

リラックス効果

甘茶に含まれるサポニンは、脳の中枢神経系に副腎皮質ホルモンの分泌を促します。この働きにより、自律神経のリラックス効果のある副交感神経を優位にし、精神安定効果や睡眠導入効果があります。

ダイエット効果

甘茶の成分であるサポニンは、腸で吸収したブドウ糖が脂肪とくっつかない様にして、脂肪の蓄積を防いでくれます。脂肪の吸収を抑制し、蓄積を抑えることによって肥満を予防する作用もあります。

アンチエイジング効果

甘茶に含まれているタンニンはポリフェノールの一種で、毛細血管の浸透性を高め正常に保つ作用と血圧を調整する働きがあります。抗菌作用抗酸化作用があるために、お肌の細胞を若返らせる効果もあります。

美甘麗茶(びかんれいちゃ)は6つのその他の原料にも美容成分がたっぷり!

美甘麗茶(びかんれいちゃ)にはその他にもまだ6つの美容成分が含まれています。6つの美容成分は、【コーン茶】【キャンドルブッシュ】【クマザサ】【カワラケツメイ】【ルイボス】【黒豆】で、甘茶と同様にそれぞれ十分すぎるほどの効果・効能があります。これら7つの美容成分を一気に摂ることができる美甘麗茶(びかんれいちゃ)が人気の理由も分かりますね♪

美甘麗茶に悪い口コミが続出!?効果や効能・定期コースについての評判を調べてみました!!
美甘麗茶(びかんれいちゃ)に悪い口コミが出てるって!? Vivi専属モデルの宮野舞(まいぷぅ)さんがプロデュースしたことで話題にな...

今だけ定価5980円84%OFF!初回限定価格980円(1回あたり32円)で始められます!ただ、このキャンペーン価格は、以前は限定先着250名、300名と人数制限が設定されていましたので、現在も同じ価格でできるかは公式サイトをチェックしてみてください!

button-3653

※キャンペーンが終了しているとリンク先に飛ばない場合があります。その場合は通常価格でお求めください(泣)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする