美甘麗茶(びかんれいちゃ)は『黒豆』を配合?!その効果や効能は?

美甘麗茶(びかんれいちゃ)に含まれる黒豆

 392dde72402331213a061387d8fe83a1_s
黒豆は大豆の一種です。一言で大豆といっても、黒豆、赤豆、青大豆、白大豆とたくさんの種類があり、その中の1つが黒豆です。皆さんにもお馴染みのお正月の煮豆がこの黒豆ですね。古くから日本人には親しまれている食品ですが、最近では、黒豆の豊富な栄養素とすばらしい効能・効果に注目が集まっているんです♪黒豆は日本では戦国時代、武士や忍者が兵糧丸という丸薬の主原料として使っていました。江戸時代にもその効能は記されており、漢方では こくずいと呼ばれ生薬として数千年前からその効能は知られています。お正月のおせち料理に黒豆煮を食べるのは、黒色は邪気を祓い、災いを防ぐ意味と、マメに達者という意味と、その効能から、厄を祓い今年一年元気で働けるようにという願いを込めて黒豆を食べるようになりました。
大豆の栄養素は広く一般的に知られていますが、黒豆にも同様の成分が含まれています。それに加え黒豆には、豆の黒い部分、つまり皮の部分に、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれているため、普通の大豆以上の効能があるんです!
黒豆には、イソフラボン・アントシアニン・サポニン・レシチン・トリプトシンインヒビター・大豆オリゴ糖・炭水化物・食物繊維・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・トコフェロール・ステロール・フィチン酸・葉酸・リノール酸・α-リノレン酸と健康や美容に効果的な成分がこれだけ含まれています。
この黒豆は美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分としても、しっかりと含まれています♪

黒豆の効能

老化防止・生活習慣病予防効果

黒豆の皮の部分には、アントシアニンというポリフェノールの一種が含まれています。このアントシアニンは活性酵素を抑える抗酸化作用がり、一緒に含まれているビタミンEや大豆サポニンなどの抗酸化作用を持つ成分と一緒に活性酵素の働きを抑制し、老化予防に効果的です。
また、大豆レシチンなどはコレステロールを低下させる効果があり、アントシアニンビタミンE大豆サポニンの抗酸化作用との相乗効果で過酸化脂質の生成を抑制し、高血圧・高脂血症・動脈硬化の予防に効果があります。アントシアニンにはアディポネクチンという善玉ホルモンの分泌を活性化させる働きもあり、内臓脂肪を減少させる効果があります。糖尿病予防や、生活習慣病予防全般にも効果が見込まれます。

目の健康を維持する効果

現代人の生活では、毎日、パソコンや、携帯を使う時間が多く、眼も酷使されています。アントシアニンは、目を酷使したときに目がしょぼつく、ぼやけるという症状を改善します。その抗酸化作用から、白内障、緑内障の予防効果もあります。

疲労回復効果

黒豆に限らず、大豆全般に含まれる「大豆ペプチド」は肉体疲労の脳の疲労の疲労回復成分だと言われています。この「大豆ペプチド」には、疲労回復、免疫力の向上、抗ストレス効果があります。
黒豆(大豆全般)に含まれるレシチンを摂取することで、脳の働きが活発化され、集中力向上記憶力向上に役立ちます。大豆には日本人のほとんどに不足していると言われている、マグネシウムやカルシウムも多く含まれており、これらを摂取することで、精神的症状(緊張・不安・うつ・不眠など)の緩和にも効果があります。

美甘麗茶(びかんれいちゃ)はその他にも6つの美容成分が含まれています!

黒豆の効能だけでも十分ですが、美甘麗茶(びかんれいちゃ)にはその他にもまだ6つの美容成分が含まれています。6つの美容成分は、【コーン茶】【甘茶】【キャンドルブッシュ】【クマザサ】【ルイボス】【ルイボス】で、甘茶と同様にそれぞれ十分すぎるほどの効果・効能があります。これら7つの美容成分を一気に摂ることができる美甘麗茶(びかんれいちゃ)が人気の理由も分かりますね♪

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の効果が凄すぎると話題に!ダイエット成功者が続出です!
宮城舞ちゃんがプロデュースしたことで大人気の美甘麗茶(びかんれいちゃ)の効果と値段がスゴイと話題に!? 美甘麗茶(びかんれいちゃ)...

今だけ定価5980円84%OFF!初回限定価格980円(1回あたり32円)で始められます!ただ、このキャンペーン価格は、以前は限定先着250名、300名と人数制限が設定されていましたので、現在も同じ価格でできるかは公式サイトをチェックしてみてください!

button-3653

※キャンペーンが終了しているとリンク先に飛ばない場合があります。その場合は通常価格でお求めください(泣)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする