薬用ちゅらトゥースホワイトニングで外から歯を綺麗に!併せて行いたい中から歯を強くする方法!

歯を強くするために効果的な食品

今歯を白く綺麗にする「ホワイトニング」がとても話題になっています!歯科医院で施術するオフィスホワイトニングや自宅で行うホームホワイトニングがありますが、それらはとても高額な費用がかかるんです。しかしそんな中、安価で始められるホワイトニングジェル『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』が話題になっています。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの成分・効果、詳しい口コミはこちら!

タンパク質

b1c4dd70175816831c8bca668e6c3f21_s

歯の主な成分は象牙質とよばれる物質です。この物質がほとんどで、これに加えて、硬いエナメル質一緒になり構成しています。
成分としては、象牙質の70%がリン酸カルシウムでコラーゲンとタンパク質が20%、残りの20%は水分となっています。歯を構成する主な成分象牙質に必要な成分あるタンパク質を多く含む食品はこちら!

【動物性タンパク質】

豚肉・チーズ・卵・しじみ・いわし・さんま・あさり等

【植物性タンパク質】

豆腐・大豆・プロッコリー・ナッツ類・かぼちゃ等

丈夫な歯を作るための土台となる成分がこの「タンパク質」となります。

カルシウム

11389305fd6bb13a4d14c49034e6b9d3_s

歯を構成する主成分のエナメル質象牙質のそれぞれ97%70%カルシウムです。カルシウムは唾液成分にも含まれています。エナメル質は人間の体でもっとも硬い組織で、エナメル質を支えるのが象牙質です。

【カルシウムを多く含む食品】

牛乳・チーズ・ヨーグルト・しらす(小魚)・桜エビ等

キシリトール

ccad08035d2e4fee4b5b5c3fea26936f_s

ガムやタブレットなどの商品名としても使われているキシリトールは、もともとは糖アルコールの一種で、5個の炭素を持つ甘味炭水化物を意味しています。キシリトールには、天然の糖アルコール工業製品があります。天然の糖アルコールはフルーツ・野菜をもとに人体で生成されます。工業で生成されるキシリトールは、樺の木や樫木のから採取される「キシラン・ヘミセルロース」が原料となり生成されています。キシリトールは虫歯の抑制効果があり、砂糖と同じ甘味度をもっています。

【キシリトールを多く含む食品】

カリフラワー・イチゴ・イエロープラム等

ビタミンA

1187ed8d8d5a0b0a5596bc0c3835800c_s

ビタミンA (レチノール) は脂溶性ビタミンの1つで、主に動物性食品に含まれており、体内ではレチノール・レチナール・レチノイン酸といった3種の活性型で作用しています。ビタミンAは皮膚や粘膜の正常保持・視覚の正常化・成長および分化に関与しているため、不足すると皮膚や粘膜の乾燥・夜盲症・成長障害・胎児の奇形などを引き起こす恐れがあります。これらをバランスよく摂取することで、歯周病予防と歯のエナメル質を強化する作用があります。動物性のビタミンAは「レチノール」と呼ばれていて、肝臓に蓄積されます。野菜から摂取するビタミンAは、「β-カロテン」で、臓器に吸収されることでビタミンAに変化します。

【動物性ビタミンAを含む食品】

牛レバー・豚レバー・とりレバー・うなぎ・ホタルイカ等

【植物性ビタミンAを含む食品】

にんじん・パセリ・青じそ等

その他の栄養素と食品

その他には柑橘系フルーツに多く含まれるビタミンCは、ビタミンの中でも、人間の健康に最も深く関係し、欠かせない働きをします。ビタミンCが不足すると、歯茎から出血したり、歯周病になりやすくなります。これらの予防ためにも必ず取っていただきたい成分です。

フッ素はミネラルの一種で、虫歯菌が繁殖する栄養分の糖質を抑制し、歯垢の原因となるネバネバ物質を付着させない作用あります。子供の虫歯予防として、歯科医院でフッ素で歯をコーティングするのはこれらの成分で子供の歯を虫歯から守るためです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングで白い歯に!

cyuratolu-su

『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』47都道府県で虫歯有病者率が最も高い沖縄県で開発され、厚生労働省が正式に認可した医薬部外品です。沖縄県の虫歯有病者率最下位脱出のための切り札で、今だけ、定価4980円20%オフ3980円で始めることができ、歯科医師などの歯の専門家が開発に携わった「ワンタフトブラシ」5本がもらえるキャンペーン中です!

button-3653

※キャンペーンが終了しているとリンク先に飛ばない場合があります。その場合は通常価格でお求めください(泣)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする